平井龍

研究内容

タスク指向型対話システムの対話タスクの成功率を上げるために,ユーザにシステムについて知ってもらう方法の研究をしています.その中でも現在はユーザにシステムが理解しやすい発話をしてもらう方法の研究をしています.

経歴

  • 2018年より名古屋大学情報学部コンピュータ科学科に在籍
  • 2021年より東中研研究室に所属

発表

2022

平井龍, 大橋厚元, 郭傲, 東中竜一郎

タスク指向型対話システムにおけるチュートリアルを用いた発話理解の改善 Inproceedings

In: 人工知能学会全国大会論文集 第 36 回全国大会 (2022), pp. 2F4GS903–2F4GS903, 2022.

BibTeX

2021

Ao Guo, Atsumoto Ohashi, Ryu Hirai, Yuya Chiba, Yuiko Tsunomori, Ryuichiro Higashinaka

Influence of user personality on dialogue task performance: A case study using a rule-based dialogue system Inproceedings

In: 3rd Workshop on NLP for ConvAI, pp. 263–270, 2021.

Abstract | Links | BibTeX