SIGDIAL 2022に1件の論文が採択されました

M2の大橋の論文が,談話と対話に関する国際会議 The 23rd Annual Meeting of the Special Interest Group on Discourse and Dialogue (SIGDIAL 2022) に採択されました.複数のモジュールからなるタスク指向型対話システムの対話パフォーマンスを,後処理と強化学習を用いて向上させる手法に関する論文です.

Atsumoto Ohashi, Ryuichiro Higashinaka

Post-processing Networks: A Method for Optimizing Pipeline Task-oriented Dialogue Systems using Reinforcement Learning Inproceedings Forthcoming

In: Proceedings of the 23rd Annual Meeting of the Special Interest Group on Discourse and Dialogue (SIGDIAL), Forthcoming.

BibTeX

※予稿集の公開に先立ってarXivに論文を掲載しました.

2022/9/7-9にスコットランドのエディンバラで発表予定です.