COLING 2022に1件の論文が採択されました

M2 大橋の論文が,計算言語学に関する国際会議 The 29th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2022)に採択されました.タスク指向型対話システムにおいて,ユーザが理解しやすいシステム発話の生成を,強化学習によって実現する手法です.

Atsumoto Ohashi, Ryuichiro Higashinaka

Adaptive Natural Language Generation for Task-oriented Dialogue via Reinforcement Learning Inproceedings Forthcoming

In: Proceedings of the 29th International Conference on Computational Linguistics (COLING), Forthcoming.

BibTeX

2022/10/12-17に韓国の慶州で発表予定です.

投稿日:
カテゴリー: 採択